Denture 入れ歯

お口の状態に合わせ、痛みが少ない、目立ちにくい入れ歯をご用意

あなたに「ピッタリ」の入れ歯を手に入れるために・・・

入れ歯はすべての症例に適応できるという特長がある反面、入れ歯で困っている人は、 1000万人以上と言われ、「痛い・噛めない・はずれる」が入れ歯の三拍子と言われてきました。

合わない入れ歯を使用していると、アゴの骨は急速に減っていきます。 アゴの骨が減ると、余計に入れ歯が合わなくなり、さらに急速に骨が減っていくという悪循環に陥っていきます。
こうした合わない入れ歯を使用されている方の多くは、

PHOTO

"入れ歯は噛めないもの"
"歯を失ってしまった以上、仕方のないこと"

など、入れ歯でおいしく食事をとることを諦めてしまっています。

これは非常にもったいないことです。歯科医療は日進月歩の世界です。

技術の進歩、歯科医師・歯科技工所の努力により患者様ごとに適切な入れ歯を作ることも可能になっています。

適切な入れ歯であれば、快適でおいしく食事をとることもできるのです。
「合う入れ歯」と、「合わない入れ歯」の違いは何なのかという正しい知識を患者さん自身が知ることが、自分に適した入れ歯に出会う第一歩となります。

患者様にとっての“不都合な真実”

これから私は、歯科医師として非常に心苦しい話をしなくてはなりません。

それは、入れ歯が合わない理由は、保険の制度上、入れ歯に使える「材料」や、かけられる「手間」に制限があるということです。

それは、健康保険を用いた診療では、「国民が生活するのに困らない治療」しか認められていないためです。

例えば、患者様の顎の大きさはそれぞれ異なりますので、正確な歯型をとるには、患者様のオリジナルトレーの作成が必要になります。しかし、保険治療では歯型をとるトレーは既成のものしか使えませんので、なんとかとれる範囲でとるしかありません。
そうなると、隙間が大きかったり、完成後に歪んでしまうこともあります。

この保険のルールが、あなたに合う入れ歯を作るために非常に大切な“材質・設計・制作工程・調整”という作業に手間をかけることを難しくしているのです。

一方、保険外診療で入れ歯を作る場合はこのような制約がありません。
治療費はすべて患者様の自己負担になってしまいますが、患者さんが納得していただけるまで、手間と時間を惜しみなくかけることができるのです。

何も保険が悪くて、保険外の入れ歯が良いという事ではありません
しかし、「材料」「かけられる手間」という避けられない2つの壁が、厳然と存在している事実を皆様に知っていただきたいと思い、お伝えいたしました。

私が考える入れ歯治療、そして「こだわり」

先ほどもお話ししましたが、入れ歯に困っている方が日本には1,000万人以上もいると言われています。そのお悩みというものが「自分に適した入れ歯がない・・・」というものです。

このようなお悩みを解消するために当院が行っている入れ歯治療と「こだわり」をここでご紹介させて頂きます。

こだわり1 型取りの前に「歯周病治療」を行う

PHOTO

歯周病にかかっている状態では正確な歯型をとることができず、お口に合わない入れ歯が出来上がってしまいます。
このようなことがないよう、当院では入れ歯づくりの前に歯周病の有無をチェックし、歯周病になってしまっている場合は、まずその治療を優先させます。

こだわり2 型取りには「シリコン印象材」を使用する

歯型をとる際は「印象材」とよばれる粘土のようなものを用います。
印象材には「寒天印象材」や「シリコン印象材」などいくつかの種類がありますが、当院では、シリコン印象材を使用しています。

「寒天印象材」は、保険適用の治療で使用されることが多いのですが、ちぎれやすく、温度によって変形するので、型取りがうまくいかない場合があります。
しかし、「シリコン印象材」は変形が極めて少なく、精度の高い型取りができるという特徴があるため当院ではこれを採用しています。

こだわり3 合う入れ歯の絶対条件「咬み合わせ」

PHOTO

咬み合わせを考慮していない「ただ作っただけ」の入れ歯では、「噛めない」、「外れる」、「痛い」という問題だけではなく、「頭痛」、「腰痛」、「肩」こりなどの不定愁訴が表れることがあります。

「咬み合わせ」に関する論文が多く発表されていますが、咬み合わせは様々な要因が複雑に絡んでくるため、明確な答えが歯科医師の間でも未だに出ていないのが現状です。

ですが、20年以上も入れ歯を作っている経験から「咬み合わせの良い入れ歯」というものが少しずつ分かってきました。
そのポイントは、「筋肉の張り」です。

咬み合わせが合っている時というのは、入れ歯を入れた時に筋肉の張りが良くなり、唇の周りのしわが伸びて綺麗になります。
その位置を見極めて入れ歯を作ると患者様に合う入れ歯が出来上がります。

咬み合わせは、あなたに合った入れ歯を作る上で非常に大切な工程です。
適した咬み合わせの位置をチェックする作業が1回で終わる場合もありますが、5回目の来院でようやく終わることもあります。
時間が掛かってもこの工程を省かないことが当院のこだわりです。

こだわり4 患者様の望む入れ歯を手に入れる工程「試適」

PHOTO

咬み合わせのチェックが終われば、次は入れ歯に 「歯を並べる作業」に移ります。
入れ歯に使う歯は様々な大きさ、形、色があります。

これらは患者さんの性別、体格、顔つき、年齢、肌の色を考慮しながら選択していきます。たとえば、丸顔の人には卵円形の人工歯を、男性の方にはやや角ばった力強い感じのある人工歯をといったように。

歯並びや歯の形が、見た目や表情に大きく影響してしまいますので、患者様が納得されるまでこの作業を行うことが当院のこだわりです。

患者様のニーズに合わせた入れ歯のご紹介

当院では、一般的な入れ歯(チタン・コバルトクロムなど)もご提供していますが、「目立ちにくい入れ歯が欲しい」「しっかり咬みやすくて、痛くなりにくい入れ歯が欲しい」など、患者様からよく寄せられるニーズに対応した入れ歯もありますので、それをここではご紹介したいと思います。

30代以上の女性にいま話題の「ノンクラスプ義歯」

歯を失った際の治療法としては、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つがあります。
インプラントは手術が伴うため「怖い」「不安だ」という印象をもたれる患者様も多く、入れ歯を選択する方も多いようです。

PHOTO

一般的な入れ歯は「金属のバネ」で入れ歯を固定するのですが、これが思いのほか目立ってしまいますので、女性にとって非常に抵抗感があるようです。

そのような方のためにお勧めの入れ歯があります。それは「金属のバネ」を使わない入れ歯、「ノンクラスプ義歯」です。

この入れ歯の特徴は、入れ歯を支えるバネの部分が 金属ではなく、歯茎と同じ色をした樹脂で入れ歯を固定することです。歯茎の色と入れ歯が同じ色をしているので、ご友人と話していても入れ歯をいれていることに気づかれにくいです。最近では、入れ歯に抵抗感を持たれていた30代女性の患者様でも、ノンクラスプ義歯を選ばれることが多くなってきました

イカやステーキを美味しく食べられる入れ歯「コンフォート義歯」

いま、入れ歯を装着されている方は「痛い、外れる、噛めない」ということに悩まれている方が多いと思います。
これからご紹介する「コンフォート義歯」は、そんなあなたのお悩みを解決できる入れ歯です。

コンフォート義歯の特徴は「シリコン」を用いていることです。
このシリコンが、これまでの入れ歯の概念を大きく変えました。

PHOTO

まず、なにより「痛くなりにくい」。
この入れ歯は、歯茎と入れ歯が接触する部分に生体用シリコンを装着しているので、それがクッションの役割を果たし、痛くなりにくい仕組みになっています。

さらに、このシリコンは「外れにくい」という特徴もあります。
吸盤を窓にくっつけるとなかなか外れないのと同じ仕組みで、隙間をつくらず密封性を高めることで、抜群の吸着性を実現します。
食事のときや話をするときに外れにくくなり、入れ歯と歯茎の間に食べ物が詰まりにくくなるという効果も期待できます。

最後の特徴として、「噛む力が通常の入れ歯の2倍以上」ということも忘れてはなりません。入れ歯の悩みとして「噛めない」ことが多いのですが、これは、入れ歯がずれることにより噛む力が充分に伝わらないためです。
さきほどもお伝えしましたが、コンフォート義歯は高い吸着性を持つシリコンを使用するため、入れ歯がずれることはほぼありません。
そのため噛む力を十分に伝えることができ、イカやステーキといった弾力性のあるものもしっかり噛みやすいのです。

コンフォート義歯に少しでもご興味を持たれた方は、無料相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

入れ歯は、優秀な「歯科技工所」とのチームプレイ

歯科医師が入れ歯をつくるものだと思われている患者様がいらっしゃいますが、実は「歯科医師」と「歯科技工所」が連携して入れ歯は作られます。

当然、両者の技術レベルが高くなければ、患者様に合う入れ歯を作ることはできません。

当院では「株式会社デンタルアクト」という歯科技工所さんと提携しています。
精密な作業に定評があり、毎回、技術力の素晴らしさには感嘆させられています。
患者様からの評判もよく、安心して任せられる歯科技工所さんです。

今回は、株式会社デンタルアクトさんに取材で伺いました。

PHOTO

御社の技術面におけるこだわりはどのようなものですか?

色々とあるのですが、強いて1つをあげるとしましたら、「入れ歯製作におけるすべての工程を、担当者がひとりで担う」ことですね。

PHOTO

弊社は、数百を超える歯科医院様から入れ歯作りをご依頼いただいており、数十人を超える歯科技工士が所属する、割と規模の大きな歯科技工所といえます。

このぐらいの規模の歯科技工所であれば、作業効率を考えて、作業工程ごとに担当者を配置しているのが通常です。

しかし、ひとつの入れ歯製作に、多くの人間が関われば、それだけ担当者の個性が出てしまい、細かいところで患者様のご希望にそぐわなくなる可能性があると私達は考えています。

そのため、弊社ではすべての工程をひとりの歯科技工士が責任をもって担当します。

ノンクラスプ(金属のバネのない入れ歯)にもこだわりがあるようですが?

そうですね。使う材料には非常にこだわりをもっています。

従来のノンクラスプ義歯の欠点は、「修理ができない」ことや、「劣化しやすく壊れやすい、そして噛む力が弱い」ことでした。これは、適した素材が存在していなかったのが原因です。

PHOTO

ノンクラスプ義歯には、金属のバネがありません。そのため、入れ歯に抵抗感のある患者様にとっては非常にニーズの高い入れ歯ですので、見た目だけでなく、機能性も兼ね備えたノンクラスプ義歯の必要性を強く感じていたのを憶えています。

そこで、どうせなら自分たちの手で作り出そうということになり、機能性も追求したノンクラスプ義歯の開発に着手しました。

ありとあらゆる材料を取り寄せ、試作品をいくつも作りました。
最終的には、ある素材に行きつき、「修理が可能、壊れにくく、噛める」ノンクラスプ義歯が完成しました。

従来のノンクラスプ義歯の欠点をクリアしたとして、今は、多くの先生方や患者様に大変喜んでいただいています。

最後に、HPを見ていただいた方に一言お願いします。

入れ歯は野菜作りと同じで、こだわればこだわる程良いものができます。
こだわりを持たずに流れ作業でやってしまえば、到底良いものはできないでしょう。

当社は少しこだわり過ぎて採算ギリギリのケースもありますが(笑)、患者様が喜んで下さるのであれば、私たちはそれで満足です。

これからも患者様にご満足いただける入れ歯を作ってまいります!

ご両親へ“適切な入れ歯”を贈りませんか?

PHOTO

合わない入れ歯は、ボケまでの一里塚といわれています。
合う入れ歯で物をしっかり噛むことで「ぼけ防止」 に大きな効果があると言われています。

その理屈は、顎を動かすことで脳の中を流れる血液の量が大幅に増加し、脳細胞を活性化させるためです。
これはある統計でも証明されており、アルツハイマーになってしまう方には、歯が少ない人が多いようです。

身近な例えとしまして、眠気が襲ってきた時、眠気覚ましに「ガム」を噛むことがあります。これはハッカによる刺激の効果もあると思いますが、ガムを噛む行為自体が脳に新鮮な血液を送りこむので、脳が活性化し、眠気覚ましにも効果があるのです。

このようなことから最近では、ご両親へのプレゼントとして、ご家族が来院され、「親のために、よく合った入れ歯を作ってあげたい」というご要望もあります。
もし、ご両親が入れ歯で悩んでいるのであれば、お気軽にご相談ください。

コラム―適切な入れ歯は「アンチエイジング」の効果もあります!

入れ歯を入れたら急に「老け顔」になってしまったという話しを良く聞くかと思います。
これは「合わない入れ歯」が原因となっていることがあります。

歯は顔の輪郭を形作っている重要な要素です。
より、歯の代わりとなる入れ歯が大きかったり、小さかったりすると顔の輪郭が変わってしまいます。この輪郭の変化が顔のシワ・タルミの原因となり、老け顔を助長する元凶でとなります。

つまり、自分に適切な入れ歯は「痛くなりにくい、しっかり噛みやすい、はずれにくい」といった機能的な面の回復だけでなく、シワ・タルミが生じないといった審美的な面までも回復してくれるのです。

ページのトップに戻る